050-5217-4037 お見積もり

Skrumについて

つくる前にわかるシステム開発

Skrumは「こんなはずじゃなかった」を徹底予防いたします。

「システム開発を依頼したいがどのシステム開発会社を選んだら良いかわからない」
「システムが完成するまでその開発会社の品質がわからないので不安」
システム開発を依頼する時、このようなお悩みはございませんか?

システム開発を依頼したけれども品質に満足できなかったり、イメージしていたものとは違うものが納品されたりといったことは非常によく聞く話です。バグだらけのシステムが納品されてしまうと事業計画が大幅に遅れたりユーザーの信頼を失うなど致命的な事態に発展します。
このように、発注者にとって開発会社の質は最大のリスク要因となっています。

Skrumは「つくる前にわかる」開発を提供しています。

お客様に発注いただく前に、弊社が実際に開発したサンプルのシステムを操作していただき、操作感や品質、UI/UXを体感していただきます。
納品する設計ドキュメントのサンプルも見ていただき、形式や粒度を確認していただきます。

すべてのお客様にこのプロセスを経た上でご納得いただいてから発注していただいております。

コストと品質の両立を実現

品質重視の「国内開発」と、コストと品質の両立を実現する「国内オフショアジョイント開発」

Skrumでは、「国内開発」と「国内オフショアジョイント開発」を提供しています。
国内開発は、Skrumに在籍している国内エンジニアだけで開発を完結いたします。
一方、品質だけでなくコスト面も気にされているお客様のためにオフショアパートナー(弊社のパートナーであるベトナムの開発会社)と協働して開発する「国内オフショアジョイント開発」にも力を入れています。

Skrumの国内オフショアジョイント開発は、一般的なオフショア開発とは違い、設計/品質管理を国内で行い、実装/テストをオフショアパートナーで行います。
オフショアパートナーに丸投げするのではなく、重要な工程を国内で行うことによって、コストと品質の両立を提供しています。

一般的なオフショア開発 弊社の国内オフショアジョイント開発
コミュニケーション窓口 社内の日本人エンジニアが担当 社内の日本人エンジニアが担当
要件定義・設計 オフショア開発会社が担当 社内の日本人エンジニアが担当
実装・テスト オフショア開発会社が担当 オフショア開発会社が担当
品質管理※ オフショア開発会社が担当 社内の日本人エンジニアが担当

※実装・テスト段階においてソースコードレベルでの管理を行います。

システム開発からビジネス支援まで幅広く対応

Skrumはお客様の「システム担当」ではなく「ビジネスパートナー」を目指します。

システム開発は、発注で始まり納品で終わるわけではありません。
発注いただく前からお客様のビジネスパートナーとして、システム面だけでなくビジネス面からもご提案やアドバイスを行います。サービスのリリース後もサービスの成長のために打つべき次なる施策をお客様とともに考えていきます。

Skrumの3つのポリシーと対応領域

Skrumはお客様のやりたいことを正確に理解し、ベストの方法でシステムを形にしていきます。

開発はもちろんのこと、下記の領域も併せて、または単体でも承ることができます。

Pagetop